ツール・ド・北海道2014 市民ステージレース(その2)

・個人ロードレース(クラスB、C混走)〜90kmと距離は短くはないが、殆ど平坦で見通し良い直線道路が多く逃げが決まりにくいコース。75km地点位から出現する2回の丘が勝負の別れ目になると判断。
序盤は落車リスクを回避するためローテーションに加わりながら集団先頭から20番手以下には下がらないように走った。集団はミディアムテンポで進み時折逃げを試みる選手がいるものの決定的な逃げは決まらない。
75km地点を過ぎ上りに突入、優勝、入賞を狙う選手が集団の先頭に位置し積極的にペースアップを図る。たちまち100名近くいた集団は10名程に絞られそのまま78km地点から始まる最後の上り坂に・・。そのままの人数で最後の丘を超えた時点で手段に女子選手は居なく女子の部1位は確定。
このままゴールスプリントに突入した。当初スプリントで圧倒的に強い遠藤選手の番手に着く作戦だったがゴール手前の最終コーナーでミスをしてしまい集団の後方に。そのまま集団後方でゴールした。初日ステージC上位だった選手が登坂区間で多く遅れた為、2日目を終わり総合Cで3位にジャンプアップした。


クリテリウム:スタート直後から中学生が積極的にペースアップ150人以上居た選手が1周目で15名、2周目には10名になった。2周回終了時点で女子選手がいる第2集団とは30秒以上のタイムギャップがあり女子優勝は当確。このまま逃げ集団はペースを緩める事無くローレーションを繰り返し後続集団とのタイム差を開いていく。このままゴールスプリントになり逃げ集団の6位でフィニッシュ!女子1位、3日間のタイム合計で争われるステージCで3位入賞を果たした。



・レース後の痛み・違和感・機材などの不具合:
今年のツールド北海道はレース後の車での移動距離が長くレース以外での疲労が多かった。体調不具合違和感は無し。筋疲労はあるものの疼痛、違和感など無し。機材トラブル不具合無し
・今回のレースで準備が足りなかったと思われる点(トレーニング、体調管理、機材、その他):
レーニング〜アイアンマンレース出場の為、ロードレースに対応する強度での練習不足の為ロードレースに対応する事が充分出来ていなかった。同じ自転車で走るという観点からみると共通だが走る強度、運動時間が全く異なるため両立が課題。
体調管理〜仕事、プライベートが多忙を極め睡眠時間が充分に確保されていない状態であった。


機材〜ロード、クリテリウムではBOMAのロードレーサーC1  
タイムトライアルではBOMAのTTバイク・スウープを使用。WheelはTH 11−CC、TH-DR。


上記の内容から今後のトレーニング内容を簡潔に
○インターバル練習(男子選手と同一メニュー)の継続〜10分:270W 30分:350W等
○ ペース走(男子選手と一緒に) ミディアムテンポで4〜6時間の継続
○ 回復走もしくは他種目ワークアウト(ランニング、水泳、ローラスキー等)
○ ピスト車を使ったペダリングスキルトレーニン
上記4つの練習を柱に身体にダメージを溜めすぎないように調整しつつ量より質重視のトレーニングの実行。

ツール・ド・北海道2014 市民ステージレース(その1)

・大会名:ツールド北海道 市民ステージレース
・日時:2014年9月13〜15日  
・会場:北海道帯広市幕別町、札幌市他
・気温:20度前後
・コース状況:ドライ
・距離:第1ステージ 個人タイムトライアル 1.8?
第2ステージ 個人ロードレース   90?
第3ステージ  クリテリウム     11? 


・リザルト(順位・タイム・タイム差他):
第1ステージ 2分45秒03 1位
(ステージC 16位 総合16位+13秒12)
第2ステージ 2時間23分44秒 1位
(ステージC 5位 総合 3位 +21秒12)
第3ステージ 16分53秒 1位
(ステージC 6位 総合 3位 +27秒12)
※ステージC:初級者、50歳以上、女子、高校女子、中学生


・前日の就寝時刻:22:00(レース期間中)
・起床時刻:各レーススタート時間の4時間前

・ウォームアップ開始時刻とその内容:
第1ステージ〜第3ステージ共通 
ローラースタート HR120〜130 
15分以後HR150前後 10分 
ダウン 5分
・レース目標:女子クラス 完全優勝 
ステージC 総合優勝


・レース戦略:
個人TT十勝川沿いサイクリングロード直線900mを往復するコースでコーナーは 折り返しの180度Uターンのみ。距離的にも得意な距離ではないので、ステージC総合優勝を見据えてトップ男子選手からタイムロスを最小限にする事を念頭に入れ走る。
○個人ロードレース:コース全体はフラット基調で72?付近地点から始まる約2?の上り、そしてその後78?付近地点から始まる階段状の上りが展開を左右すると考えられたので、それ以前の平坦部分では落車に注意を払い集団前方に位置する事を心掛け、最終局面の登坂部分で攻撃を掛けることを考慮、小集団でのスプリントもしくは逃げの展開を創る事を考慮して走る。
クリテリウム:1周 2.2? 途中短い上り、テクニカルなコーナー、横風が吹く直線部分と逃げ集団を形成し易いコースプロフィールなので、スタート直後から積極的に攻撃を仕掛け逃げ集団を形成してゴールまでの逃げ切りを狙って走る。
・戦略上で注意すべき選手:福島 雄二選手(ベステックス)〜マスターズ、ツールド沖縄他エイジカテゴリー優勝、入賞常連選手、遠藤 優選手(ツールド沖縄市民100km優勝等)


・レース前の食事(内容と戦略) :
スタート前3時間までに食事が終了するように。メニューは、消化の良い糖質を中心に赤飯おにぎり×2個 大福等現地で調達できるもの。
・スタート時の覚醒水準(集中力):
アイアンマンジャパンに向けて高強度トレの比率を意図的に下げており、ードレースに対応する高強度練習不足は否めないです。満点5点で言うと3.5点の自己評価。
・スタート前に使用したマッサージオイルやサプリメントなど:
シックススタートオイル(個人TT、ロードレース)naqiスタートオイル(クリテリウム)、グリコワンセコンド (ロードレース)
・レース中の補給内容:CCDドリンク500ml、グリコワンセコンド×2、大福×1 (ロードレース)
・レース後に摂取したサプリメントなど:グリコおいしいアミノ酸BCAA×1、CCDドリンク


・レースの内容を簡潔に:
個人タイムトライアル〜直線900mを往復する1800mのタイムトライアル。河川敷の道路を使うため風が強くスタート時間によって有利不利がタイム差に如実に現れた。女子スタート時間は往路向かい風、復路追い風で前半折り返しまでは抑え気味に走り折り返してからは追い風に乗ってゴールまで全開に走った。特にミスはしていないが、タイム的にはあまり良くなく女子では1位だったが総合Cで16位沈んでしまった。


(その2に続きます)

クロカンシーズン終了ヽ(^o^)丿

ご無沙汰しておりました。。。
私の住む北海道は、雪が多く自転車(ロードバイク)には11月中旬には乗る事が出来なくなります(-。-)y-゜゜゜

オフトレで初めたクロスカントリースキ―でしたが昨年〜どうせやるならと北海道内で開催されます各レースに出来る限りエントリーし春からのロードシーズンにコンディショニングを維持しスムーズに移行、レース参戦するようになりました。

昨年は、残念ながら全てのレースを勝利で飾る事は出来ず。。。今年の目標は、参加するレース全勝!!の目標掲げて日々トレーニングを積み上げてきました。

シーズン初めは少しでも早い時期にスキーに乗ろうと雪のあるところを求めて
車で移動し、練習を行い昨年より2週間ほど早い時期にクロカン練をスタートする事が出来ました。
1月26日よりほぼ毎週レース(@_@;)

1月26日(日)第29回原始林クロスカントリースキー大会 10キロ(優勝)
2月2日(日)第34回札幌国際スキーマラソン大会 50キロ(優勝)
2月9日(日)第24回おおたき国際スキーマラソン 15キロ(優勝)
2月11日(火・祝)第38回ちとせホルメンコーレンマーチ 33キロ(優勝)
2月16日(日)第26回恵庭クロスカントリースキー大会 15キロ(優勝)
2月23日(日)第29回湧別原野オホーツク100㎞クロスカントリースキー大会 85キロ(優勝)
3月8日(土)第34回バーサーロペット・ジャパン 30キロ(優勝)
出場したレース全てを優勝し冬の目標を達成する事が出来ました。

会場で応援して下さった皆様に心から感謝致します。
来月には、自転車レースに参戦!!気持ちを切り替えて冬での成果をチームの為にそして応援してくださいます企業様、ファンの皆様の為に活かす事が出きますように全力で頑張りますヽ(^o^)丿

Ready Go JAPAN 専属カメラマン 加藤 智さんが、なんと北海道まではるばる来てて下さいました。写真は全て加藤様が撮影して下さったお写真です(*^_^*)なかなかレース中の写真は入手出来ない為、貴重な宝物になりました。

加藤様ありがとうございました。自転車シーズンも宜しくお願いをいたします!!

あけましておめでとうございます!!

あけましておめでとうございます(*^_^*)
2014年がスタート致しました!!
新たなチーム編成も決まり、今シーズンもチーム一丸となって盛り上げて行きたいと思いますのどうぞ宜しくお願い致します

私の住む北海道は、すっかり雪景色。。。もちろんロードバイクで外を走る事は出来ません(涙君)

私のオフトレは、クロスカントリースキー(*^_^*)このスポーツは全身を使うので全身筋力アップには最適のスポーツです!!
特に、心肺機能をあげたい選手におススメのスポーツ(*^_^*)
このトレーニングのおかげで、シーズン初めの自転車レースでは毎回好成績をだす事が出来ております。

オフトレで始めたクロスカントリ―スキーですがヽ(^o^)丿今年も7本ほどのレースに参加する予定です(*^_^*)
結果をお楽しみに。。。☆彡☆彡☆彡
今年も、今出来る事を精一杯頑張りますので応援宜しくお願いを致します。

今年1年を振り返って(^O^)/

カレンダーも最後の1枚となりましたが皆様いかがお過ごしでしょうかヽ(^o^)丿
北海道はまさに冬景色…除雪に追われる毎日が続いております。。。
今年1年を振り返り、本当に色々な経験をした1年でした。
 自分の目標は全日本タイムトライアル、全日本選手権ジャパンカップ
入賞と掲げ、オフシーズンから出来る限りの時間をトレーニングについやしてきました。

結果は、全日本タイムトライアル:7位

全日本選手権:3周回まで残るが。。。まさかの落車鎖骨の骨折。。。

ジャパーンカップ:4位

苦手な登り克服のために、手稲山インターバルトレーニングを(10分全開走、3分全開走、15秒ダッシュ〜45秒レスト)集中して行いしました。
レーニングで泣いたのは。。。正直私が陸自冬戦教に居た時以来だと思います。。。
http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/cwct/ (陸上自衛隊冬季戦技教育隊HP)


ジャパンカップ終了後、まだ悔いが残っておりツール・ド・おきなわ女子国際レースにエントリーしましたが結果は12位。。。

レース全体を振り返れば、先年よりかなりの成果を得る事が出来たと思います。
私が、ここまで頑張ってこれたのは、チームの皆様、スポンサーの方々、一緒に練習して下さった北海道の選手の皆様、そして何より応援して下さったフアンの皆様のおかげです!!
心より感謝いたします(*^_^*)

もうすぐ1年も終わろうとしております。私も来季に向けてのトレーニングを開始し、来年もチーム一丸となり各レース、イベントを盛り上げる年にしたいと考えております!!

皆様も師走の忙しい日々が続いていると思いますが、体調等崩さず良いお年をお迎え下さい。

2013年JAPAN CUP

10月18日いざ宇都宮に向けて北海道を出発致しました(^v^)
今回は、北海道からも男子5名と私の6名の参加。。。JAPAN CUPに備えて週末手稲山に集まり登坂トレーニング。寒い中。。。雨の日も。。。

レンタカーで宇都宮に到着し受付、試走を終わらせチーム員のいるホテルに向かい、あんちゃん家族と合流!!

れいちゃん(あんちゃんの妹)とお土産を交換(*^_^*)

みんなのお茶を入れる等・・・良く働くれいちゃん!!
夕食を済ませて、監督の部屋で明日のレースの戦略立て、この日は明日に備えて休みました。

レース当日(*^_^*)
まずは、大切なBOMA君のメンテ!!心の中で、今日も一緒に頑張ってね。。。とバイクの調整をしアップの準備を整えた。

グリコのスペシャルドリンクをOGKkabutoボトルに入れて準備完了。

スタート1時間前にアップを開始した。

アップを終了しスタート地点に移動。

スタートラインにつき、全日本の落車での骨折から今日までの事を思い浮かべ集中力を高めました。
11:08分スローペースでレースは始まり、古賀志の登りに集団のままさしかかる。

K選手が集団の先頭をコントロールし徐々にペースを上げる。。。

登り切るころには集団はバラバラになるが、下りに入りしばらくすると私を含む5人の先頭集団に、後方を確認すると伊藤選手とS選手の姿が確認できた。チーム戦略的には一人でも多くの選手を先頭集団に残す事が今後の展開も見据え最優先事項と考えられたので先頭集団でのローテーには加わらず、伊藤選手が集団に追い付くのを待った。
> しばらくするとN選手に「回して」と。。。一様ローテーに加わりながら集団のスピードが上がらないようにコントロールする。
> 平地で伊藤選手、S選手が追い付き7人の先頭集団なり、そのまま鶴CCの登りにさしかかりK選手が先頭で再びペースを上げていく。。。2周回目に入るときには伊藤選手、S選手が集団から遅れ、5人の集団になり、鶴の登りでK・N・G選手につききれず。。。平地でC選手と回しながら先頭を追い、平地で追いつき登りで切れる展開。3周回目にはC選手が遅れ1人で3人を追う展開に・・・。

> 3選手の姿は前に見えるがなかなか差が縮まらない。。。「あきらめない!!」と必死にペダルを回し、最終周回、鶴CC手前の平地で35秒まで詰め寄るが鶴CCに入る手前で先頭のスピードが一気に上がり、タイム差はさらに開いてそのままの順位で(4位)ゴールラインを切った。


22名出走の内、6名完走といった厳しい状況の中4位に入賞することができた。
> 素直に自分の気持ちを言えばもっと上位を狙いたかった。しかしながら今持っている力はすべて出し切っての結果だったと思います。 会場では本当にたくさんの方々が「よねぴー頑張れ!!」と声援を送ってくださいました。皆様の声援があったのであきらめず走りきる事が出来ました。

> 11月には、ツール・ド・おきなわ女子国際レースに参加を予定しております。自分の目標の為にも残された2週間、やれることは全て行いレースに臨みたいと思います。

北海道最終戦(*^_^*)

9月29日「第54回 札幌市民体育大会サイクルロードレース」に参加してきました(^v^)
 
・会場 :札幌モエレ沼公園(特設コース 2.2㎞/周)
・気温 :21度前後
・コース状況 :ドライ
・距離:2.2㎞/周×3
・前日の就寝時刻:11:00
・起床時刻:4:30
・レーススタート時刻:08:55
・ウォームアップ開始時刻とその内容:コース試走30分 08:00〜08:30迄ローラ
・スタート前に使用したプリメント:グリコ(CCD500ml、BCAA1袋、ワンセコンドレッド1個)
・レース中の補給内容 :なし
・レース後に摂取したサプリメント:CCD500ml
・レースの内容
今回のレースは、女子、S-5、Mの混走レース、2.2㎞×3と距離も短い。
スタート前から、最終回に登りのポイント区間で、同時スタートの中からで逃げ切る戦略を立てていた。

1周回目S−5の選手が飛び出した。ジャンプするには距離がありすぎじわじわつめながら、様子を見た。先頭集団は少人数に絞られたが、残りの周回数が2周しかない。他の選手はその選手を追おうとはせず、結局自分で行くしかなかった。。。

100の力は使わず逃げていた選手を吸収し最終回には行ったところで、Mクラスの選手が飛び出し直ぐに後方に位置した。
6名ほどの集団の中、選手を確認すると、スプリントに持ち込んだら勝てないと思い、予定通り登りでアタック!!

後方を確認すると後方集団とは微妙な距離。。。必死で逃げたが、ゴール前70m程で吸収され結局集団の後方でゴール。
終戦をトップで飾る事は出来ませんでした。
女子では2位の選手に1分30秒以上の差をつけ優勝する事が出来ました。


今年は、6月の鎖骨骨折などで本当に皆様にご心配をお掛け致しました。
沢山の応援の言葉やメッセージに励まされ、驚異的な回復で北海道の最終レースには、本来の走りが出来るまでになりました。
北海道で一緒に走って下さった皆様(*^_^*)レース中声援を送って下さった皆様(*^_^*)そして北海道自転車連盟・各大会主催者の皆様に感謝し、これから参加する道外レースでも活躍できるよう頑張ってきたいと思います。